Vulnerability Intelligence From Recorded Future

高精度な脆弱性インテリジェンス

Recorded Futureの脆弱性インテリジェンスは、リアルタイムの悪用のトレンドに基づいて、脆弱性のリスクにスコアを付けます。セキュリティとITのチームは、パッチに迅速かつ確実に優先順位を付け、実際に問題となる脆弱性に対処し、ダウンタイムを短縮し、攻撃を防ぐために必要なコンテキストを手に入れることができます。

脆弱性インテリジェンスに含まれるもの

  • 脆弱性の優先順位付け
  • テクノロジースタックの脆弱性の監視
  • 悪用の度合いに基づく脆弱性のリスクスコア
  • 脆弱性がNVDで公表される前のリアルタイムアラート
  • 脆弱性管理ソリューションとのインテグレーション

パッチの優先順位付け

実際の悪用状況に基づいて、どの脆弱性が組織にとって最大のリスクとなっているかを直ちに特定します。あらゆる言語の最も幅広く多様なソースからデータを自動的に収集し、分析することで、チームはパッチの優先順位を情報に基づいて迅速に決定できます。

Prioritize Patches

テクノロジースタックの脆弱性の監視

新しいエクスプロイトをリアルタイムで特定します。これは、NVDに登録されるより約11日早いということを意味します。最新の重要な脆弱性について直ちにアラートを生成することで、組織のテクノロジーの新しく公開された弱点について、すぐに明らかにすることができます。

attackers and methods

脆弱性インテリジェンスを今すぐ無料で試用

インテグレーション

すぐに使えるインテグレーションにより、Recorded Futureのかつてないセキュリティインテリジェンスを既存の脆弱性管理システムとワークフローに直接組み込むことが容易になります。

servicenow

ServiceNow Vulnerability Response

ServiceNow内で脆弱性へのパッチ適用を脅威ベースで優先順位付け

brinqa

Brinqa

BrinqaとRecorded Futureのインテグレーションについて詳細をご確認ください。

splunk

Splunk

ブラウザ拡張機能をSplunkと合わせて利用する方法をご確認ください。

攻撃者を妨害するためのセキュリティインテリジェンス

Recorded Futureの正確なセキュリティインテリジェンスソリューションを組み合わせて、組織全体でのリスク軽減を推し進めます。

Related Resources

ブログ記事

ブログ記事

2019年にサイバー犯罪者が利用した上位10種の脆弱性

データシート

データシート

インテリジェンスを利用したパッチの優先順位付け

ソリューションブリーフ

ソリューションブリーフ

攻撃者を妨害するための脆弱性インテリジェンス