>

Recorded Futureインテリジェンスクラウド

AI駆動のIntelligence Cloudによる脅威の特定と軽減。

Recorded Future Intelligence Cloud
多すぎるデータ

ペタバイト規模のデータ、数百万のソース、数十億の接続

少なすぎるリソース

サイバーセキュリティの人材不足は340万人で前年比26%増加

より高度な攻撃

39秒ごとに新しいサイバー攻撃が発生

インテリジェンスプラットフォームは最新のセキュリティスタックに不可欠ですが、インテリジェンスを正しく取得することは困難です。
自動&リアルタイム

インターネット規模でのデータの収集、整理、分析をリアルタイムで自動化

包括的

ダークウェブ、オープンウェブ、技術情報、顧客のテレメトリなどの複数のソースに基づく世界で最も包括的なインテリジェンス

統合されていて実用的

現在から将来にわたって使用されるセキュリティワークフローにインテリジェンスを統合し、関連するチームのアクションに繋げられるインテリジェンス

組織全体での意思決定を可能にする単一のプラットフォーム
組織全体での意思決定を可能にする単一のプラットフォーム
Intelligence Graph
Intelligence Graph

Recorded FutureのIntelligence Graphは、10年以上にわたり、インターネットの隅々から大量の脅威データを収集、構造化、分析し、アクショナブルな洞察に変えてきました。攻撃者、そのインフラストラクチャ、標的となった組織全体のデータを自動的に収集し、データは動的にリンクされ、24時間365日リアルタイムで分析されます。

インテグレーションとAPI

Recorded FutureのAPIにより、セキュリティチームはインテリジェンスを必要な場所に正確に統合し、セキュリティワークフローを強化できます。100を超えるとSIEM、SOAR、ITSMなどの主要ツールとRecorded Futureを連携させることで、セキュリティ運用にインテリジェンスを直ちに活用開始できます。

Collective Insights

Collective Insights™を使用すると、セキュリティチームはノイズを排除しつつ、広大な外部の脅威環境、組織の内部テレメトリ、Recorded Futureのグローバル顧客ベースの間の点と点の情報を結び付けることができます。これによりRecorded Futureのプラットフォームはさらに強化され、可視性が向上し、検出と対応が改善され、チームがよりプロアクティブに行動できるようになります。

Recorded Future AI

Recorded Future AIは、インテリジェンスサイクルの分析と普及の段階を自動化し、脅威を迅速に軽減します。時間のかかる手動タスクを自動化することでアナリストを強化し、分析と対応にかかる時間を短縮し、自然言語インターフェイスを通じて複数のチーム間でのコラボレーティブなインテリジェンス活用を支援します。

視覚化とプレイブック

Recorded Futureは視覚化されたツールで、セキュリティチームが脅威インテリジェンスを迅速に分析し、組織に及ぼす影響を理解するのに役立ちます。プレイブックを使用することで、Recorded Future Intelligence Cloudプラットフォームだけでなく、チームが使用するセキュリティツール内でもインテリジェンスをネイティブに実用化できます。

100万以上

ソース

80億以上

エンティティ

1万以上

追跡対象のアクター

390億以上

監視対象の漏洩した認証情報

500万以上

企業の攻撃対象領域のマッピング

800万以上

クライアントからの日々のテレメトリデータポイント数

導入企業

Recorded FutureのIntelligence Cloudの活用で今すぐリスクを軽減しましょう。